ここから本文です

トヨタ、攻めのデザイン「新型カムリ」日本仕様を初公開 ほか【週間人気記事ランキング】

5/20(土) 10:30配信

オートックワン

この1週間でよく見られていたオートックワン自動車ニュースをランキング形式で紹介します。

フォトギャラリー>>日本仕様の新型カムリや初公開された新型リーフのティザーなど

今週忙しくてなかなかチェックできなかったという方必見!これさえ読めば今話題のクルマ・最新情報がわかります!

1位:トヨタ、ついに新型カムリ日本仕様を初公開!TRDやモデリスタのデザインも同時公開へ

北米仕様のみ公開されていたトヨタ「新型カムリ」の日本仕様がついに公開されました。

公開された写真を見るとハイブリッドモデルのみで、現行モデル同様ガソリンモデルの設定はないことが予想できます。正式なアナウンスはされていないので詳細が分かり次第順次お届けします。

また、今回はカスタムモデルのモデリスタ仕様やTRD仕様の新型カムリ画像も公開されました。

2位:日産、新型リーフの写真を初公開!洗練されたデザインに期待大!

今年後半に電気自動車(EV)のリーフをフルモデルチェンジし、世界初公開するとも発表していた北米日産が新型リーフのティザー写真を初公開しました。

今回公開されたのはヘッドライトの写真のみ。四角いライトが2つ並ぶ上に、斜めにかぶさるようにチューブLEDライトが配置されるようです。 現行モデルのリーフと比べると洗練された印象ですね。

3位:スズキ 新型スイフトのセダン版、新型「ディザイア」を発売!

こちら日本国内の販売ではありませんが、スズキのインド子会社マルチ・スズキ社が、小型車「スイフト」のセダンタイプ、新型「ディザイア」をインド国内で発売したというニュースです。

記事を読んだオートックワンユーザーからは「日本でも発売してほしい」という声が聞こえてきました。

4位:205馬力の新型シビックSiが北米で販売開始…価格は約270万円

北米ホンダは、新型シビックSiの販売を5月13日より開始しました。 ボディタイプはクーペとセダンの2種を用意し、北米での価格は2万3900ドル。日本円で約270万円です。

新型シビックSiは、205馬力を発生する1.5リッター直噴ターボ4気筒エンジンと6速MTとの組み合わで従来のSiよりさらにダイナミックな走行が可能となりました。

5位:夜でもドリフト、ジムカーナ、バイクの走行が可能! 国内初のオールナイト走行会場がオープン

JAF公認コースを持つ滋賀県の奥伊吹モーターパークにて、国内初となる「オールナイト走行」の常設会場がオープンすることがわかりました。ドリフトやジムカーナ、バイク等のオールナイト走行を全国から予約受付を開始します。

奥伊吹モーターパークでは、快適なアスファルト舗装路面が提供されると共に、山に囲まれているため音出しが自由な環境で走行を楽しむことができます。

最終更新:5/20(土) 10:30
オートックワン