ここから本文です

「目立ちたかった」集団暴走の疑いで少年4人検挙 千葉県警

5/20(土) 11:05配信

千葉日報オンライン

 無免許でバイクに分乗し集団暴走をしたなどとして、千葉県警交通捜査課と君津署は19日、道交法違反(共同危険行為等)などの疑いで君津市内の鍛冶屋少年(17)らグループ4人を検挙し、千葉家裁木更津支部などに送致したと発表した。

 共同危険行為等で逮捕されたのは、鍛冶屋少年と君津市内の私立高校生(16)、木更津市内の溶接工少年(16)。無免許運転で逮捕されたのは君津市内の無職少年(15)。逮捕容疑は共謀し3月10日午後0時25分ごろ、君津市内の県道や市道などで、オートバイ(400cc)1台とミニバイク2台に分乗して道路いっぱいに広がり走行したり、信号無視を繰り返すなどの集団暴走をしたなどの疑い。

 同課によると、君津市内の中学校に通っていた無職少年の卒業式に合わせて集団暴走するとの情報を受けた県警捜査員がグループを追跡。約4分間、約2・2キロにわたり追跡して信号無視などを確認した。無職少年は当初、オートバイを運転していたが、白バイを確認して途中で降りた。4人は「夢走愛(むそう)」などと名乗って集まっていた。4人はいずれも容疑を認め「目立ちたかった」などと話しているという。

 県警では4月4日から今月18日まで捜査し、追跡時の画像解析などを進めて4人を割り出した。