ここから本文です

50代からのセックスが一番気持ちいい理由

5/20(土) 10:00配信

The Telegraph

【記者:Maria Lally】
 スーパーモデルのシンディ・クロフォード(Cindy Crawford)さん(51)は以前、夫のランディ・ガーバー(Rande Gerber)さん(55)とよく、夫婦で所有しているビーチサイドのゲストハウスに忍び込み、2人だけの親密な時間を過ごしていると明かしたことがある。「たまにはあれをやらなきゃいけないでしょ!」

 健全な性生活を楽しんでいる50代はクロフォードさんたちだけではない。アイルランドのダブリン大学トリニティカレッジ(Trinity College Dublin)が最近、成人8000人を対象に行った調査研究によると、50代以上の59%が定期的にセックスをし、うち3分の1は週に少なくとも1回ないし2回行っていた。

「まんが カップル・セラピー(Couples Therapy: Dramas of Love and Sex)」の著者でセラピストのバーバラ・ブルームフィールド(Barbara Bloomfield)氏は言う。「私のところに相談に来る人たちの中には40~50代になってから性生活が大幅に改善している人が多いんです」

 同氏によれば、30代の夫婦は幼い子どもがいるために、そんな雰囲気になかなかなれないが、中年になれば子どもが成長して手がかからなくなる。「多くの人が、子どもが独り立ちしてから性生活が良くなったと語っています。刺激的な夫婦生活を取り戻す時期が来たということなのです」

 50代以上の離婚率の上昇も関係していると、ブルームフィールド氏は指摘する。「年齢を重ねた女性はいいセックスをたくさんしていますが、その理由の一つには、彼女たちが新しい関係を始めていることが挙げられます」。特に以前の結婚生活で不満を抱いていた女性にその傾向が目立つという。

 また、女性はこれぐらいの年代になると、自分に自信が持てるようになり、精神的にも安定してくる。「自分の体のことがよく分かるようになり、パートナーに対して自分の好き嫌いをためらわずに伝えられるようになる」と、ブルームフィールド氏は言う。

 しかし、良い話ばかりではない。閉経前後(一般的には40代半ばから)になると、ホルモンの変化で性欲に影響が出やすくなり、エストロゲンの減少に伴って膣(ちつ)が乾燥したり膣壁が薄くなったりすると、女性の性交時の不快感の原因となる。

 女性の性的興奮に重要なテストステロンが低下し始めると、疲労しやすく、怒りっぽくなることもある。更年期障害は女性だけの問題ではない。男性のテストステロンの分泌量は30~40歳の間、1年に約1%ずつ低下し、性欲の減退、勃起不全、疲労感、睡眠障害の原因となる場合もある。

 とはいえ、性欲を高めるためにできることはたくさんあり、定期的にセックスをすることで得られる恩恵も計り知れない。前出のトリニティカレッジの研究では、セックスを続けているカップルは年を取ることを肯定的に捉えている傾向が強く、より健康で、うつ状態にもなりにくいことが分かった。

 中年期のセックスには、心臓の健康を増幅したり、血圧を下げたりといった効果も期待できる。幸福感をもたらすホルモン、エンドルフィンが分泌されることにより、自然の鎮痛作用も得られる。

 さらに、英王立エディンバラ病院(Royal Edinburgh Hospital)で老年心理学科の代表を務めた経験を持つデービッド・ウィークス(David Weeks)博士の研究によると、定期的にセックスをしている中年期の人々はセックスレスの同年代より平均5~7歳も若く見えるという。

 ここで、誰にとってもおそらく最も興味のある質問を最後にしてみた。一体どれぐらいの頻度でセックスすれば効果的なのだろうか。

「正常域というようなものはありません」と、ブルームフィールド氏は答えた。「性生活に気乗りしなくなってきた」と話す70歳のカップルに頻度を聞くと、「近頃は週に3回だけ」との答えが返ってきたかと思えば、子どもがいない20代の魅力的なカップルで、多くて半年に1回というケースもあったという。

「まあ、40~50代なら週1回~月1回が『正常域』と言っていいでしょう」と、ブルームフィールド氏。

 中高年になってからも充実した性生活を送りたいなら、自分はもう年だから、と思い込まないことだと同氏は指摘する。「ちょっとだけ頑張ってみる。やりたくないことをやれと言っているわけではありません。新しいことを試す意欲を持ち続け、マンネリに陥らないことです」

「中年期からのセックスはジム通いのようなもの。メリットは分かっているけど、行くのが面倒だから、テレビで面白そうな番組をやっていれば、つい見てしまう。でもジムで体を動かせば、どれだけ楽しく、その後、いい気分になるか思い出してみてください」

 ブルームフィールド氏はこう付け加えた。要するに、「セックスとは筋肉のようなもの。使わなければ、失われていくのです」。【翻訳編集】AFPBB News

「テレグラフ」とは:
1855年に創刊された「デイリー・テレグラフ」は英国を代表する朝刊紙で、1994年にはそのオンライン版「テレグラフ」を立ち上げました。「UK Consumer Website of the Year」、「Digital Publisher of the Year」、「National Newspaper of the Year」、「Columnist of the Year」など、多くの受賞歴があります。

最終更新:5/20(土) 10:00
The Telegraph

Yahoo!ニュースからのお知らせ