ここから本文です

韓国紙も気になる「日本サッカー界の天才」久保建英! ベンタクールらとU-20W杯の注目選手に

theWORLD(ザ・ワールド) 5/20(土) 7:40配信

世界中から大注目

20日からスタートするU-20ワールドカップに開催国として臨む韓国にとっても、やはり日本代表に選ばれた15歳の久保建英は気になる存在となっているようだ。

ヘント久保、たった半年で“クラブ年間最優秀選手”のベスト3入り

久保は飛び級で招集されたことに加え、かつてバルセロナの下部組織でプレイしていたことなどから世界の注目を集めている。世界は久保のことを「和製メッシ」と捉えており、韓国『東亜日報』も今大会の注目選手として日本代表から久保の名前を挙げている。

同紙は久保を「日本サッカー界の天才」と紹介しており、すでにU-23FC東京でJリーグ史上最年少得点記録を更新したことや、今大会最年少のセネガル代表ウセイヌ・ニアンに次いで2番目に若い選手であることを取り上げている。アジアのライバルとして韓国も日本が抱える若き才能を気にしているのだろう。

同紙が他に紹介している選手も実に豪華で、U-19欧州選手権で得点王と大会MVPに輝いたPSG所属のフランス代表FWジャン・ケビン・オーギュスタン、ボカジュニアーズ所属で7月のユヴェントス入りが決定しているウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタクール、エヴァートン所属のイングランド代表FWアデモラ・ルックマン、南米予選得点王だったラシン所属のアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス、ホッフェンハイム所属のドイツ代表MFフィリップ・オックスを取り上げている。これらのタレントと並んで久保が紹介されているあたりに注目度の高さがうかがえる。

当然韓国も「韓国のメッシ」と呼ばれるイ・スンウに大きな期待をかけているはずで、今大会の主役になってほしいと考えていることだろう。年齢は違えど久保に多少のライバル意識を持っているはずだが、今大会でブレイクするのは誰なのか。久保がより一層の注目を浴びることになったとしても不思議はないはずだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5/20(土) 7:40

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報