ここから本文です

【バレー】日本、ホンコンチャイナをストレートで下し、べスト4進出 アジアU-23 女子

5/20(土) 17:02配信

バレーボールマガジン

 第2回アジアU-23女子選手権大会は、19日、タイのナコンラチャシマでクウォーターファイナルラウンド(1-8位)が行われ、日本(F組1位)はホンコンチャイナ(E組4位)と対戦した。
 
 第1セット、日本は間橋香織選手のスパイクや金森晴香選手のサービスエースで攻め、坂本奈々香選手の緩急をつけた攻撃などで相手を引き離すと、最後はピンチサーバーの加藤光選手の連続サービスエースなどで25-14とセットを先取。
 続く第2セットの立ち上がりは日本のミスでリードを許す場面もあったが、コースをついたサーブで相手の攻撃を封じ、キャプテン・山内美咲選手の3得点で25-14とセットを連取した。
 第3セットの序盤は9-7と拮抗した展開に。しかし、加藤選手のサーブや山内選手のスパイクで引き離し、終盤は6連続得点し、25-11で圧勝。ストレートで日本が勝利し、ベスト4入りを果たした。

 次戦は、日本時間20日(土)21時からチャイニーズタイペイとセミファイナルラウンド(1-4位)を戦う。この試合に勝ち、2位以上が確定したチームが第3回世界U-23女子選手権大会の出場権を獲得する。