ここから本文です

“ゴールマシーン“のC・ロナウドと張り合える可能性あり! 元アーセナルDFが期待するのは……

5/20(土) 11:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

条件は厳しいが……

レアル・マドリード所属のFWクリスティアーノ・ロナウドはサッカー界屈指のゴールマシーンだ。ここまで驚異的なペースで得点を重ね、先日のセルタ戦での2得点で欧州五大リーグ通算得点数が368に到達。これでジミー・グリーブス氏を抜き、歴代トップとなった。

アーセナルが今年もトップ4に入れる6つの理由

ロナウドの記録に近づく可能性があるのはバルセロナFWリオネル・メッシくらい(346ゴール)だろうが、かつてアーセナルで活躍したマーティン・キーオン氏はトッテナムFWハリー・ケインにもチャンスがあるのではないかと主張している。英『Daily Mail』によると、同氏はケインにそれだけの能力があると信じているようで、全てが上手く噛み合えばロナウドの記録に近づく可能性があると語っている。

「もしケインがこのままトッテナムで重要な役割を担い、次の10年間怪我もせずに継続的に得点を決められればロナウドと張り合うチャンスがある。これだけ長い間継続性を保つのは恐ろしく難しいけどね。全てが上手くいかないといけない」

ケインは2013-14シーズンから頭角を現し、ここまでプレミアリーグで75得点を記録している。ただし、ロナウドに追いつくためには1シーズンの得点数をもっと増やしたい。ロナウドの場合はシーズンに40~50得点奪っているため、今季ケインがリーグ戦で記録している26得点でもまだ不十分だろう。

それでも全くチャンスがないとは言い切れない。ロナウドはマンチェスター・ユナイテッドでの最後のシーズンとなった2008-09終了時点ではプレミアリーグで81得点を記録している。この時ロナウドは24歳で、今ケインは23歳だ。現時点では得点数に大きな差はなく、ケインがここからさらに進化を遂げることができれば可能性はある。怪我をせずに10シーズン近く安定感あるパフォーマンスを見せるのは限りなく難しいが、イングランド期待のストライカーが世界最高のゴールマシーンになる時はくるか。

http://www.theworldmagazine.jp/