ここから本文です

新キャラ登場!浄水施設などモチーフ 缶バッチ100個配布へ

福島民友新聞 5/20(土) 9:58配信

 福島地方水道用水供給企業団は、福島市のすりかみ浄水場内にある各施設などをモチーフにしたオリジナルキャラクターを作成した。各キャラをあしらった缶バッジも100個作り、6月3、4の両日、同浄水場で行う特別公開で配布する。
 以前からあったカエルの「ケロロン」のほかに、薬品沈殿地の「傾斜板」をモチーフにした「ケイシャバーン」、水をためておく「表洗水槽(ひょうせんすいそう)」の形の「ヒョーセンスイソー」などかわいらしい13種。同企業団の職員が考案した。企業団は「キャラを通じて子どもたちに水道に関心を持ってほしい」と話している。
 浄水場の特別公開は両日とも午前10時~午後3時。入場無料。本格供給10周年を記念し、浄水場の地下探検ツアーも初開催する。

福島民友新聞

最終更新:5/20(土) 9:58

福島民友新聞