ここから本文です

認定こども園野田学園幼稚園2施設増改築 山口市

宇部日報 5/20(土) 14:00配信

0~1歳児も受け入れ

 山口市天花1丁目の認定こども園野田学園幼稚園(有馬重人園長、342人)は、3歳未満児の専用園舎など2施設の増改築を終えた。給食施設を併設し、0~1歳児の受け入れも可能とするなど、地域の子育て支援体制の強化に努めている。

 増築した3歳未満児の専用園舎は、鉄骨造りの平屋建て床面積約552平方メートル。「のだがくえんようちえん0・1・2」という施設名で、各年齢に応じた保育室の他、中庭、昼食とおやつを調理する給食施設などを備えた。地元アーティストによる壁面のイラスト、子どもの身長に合わせた小窓などが至る所にあり、遊び心にあふれたデザインとなっている。

 改築した「野田学園幼稚園子育て支援センター」は、軽量鉄骨造りの平屋建て床面積約174平方メートル。多目的ホールなどがある。同園が10年以上前から取り組む地域貢献活動の一環で、入園児以外の親子にも間口を広げ交流会(無料)などに幅広く活用するという。同園は、2015年に幼稚園型の認定こども園として認可を受けた。市内で3歳未満児への保育提供体制不足が懸念される中、増改築によって、今年度から0~5歳児の保育に対応できるようになった。

最終更新:5/20(土) 14:00

宇部日報