ここから本文です

建物内全面禁煙に賛否の声、サバンナ高橋「芸人も吸わなくなってきてる」

AbemaTIMES 5/20(土) 11:00配信

 2020年東京オリンピックに向けて厚生労働省がある法案をまとめた。

 それが「建物内全面禁煙」だ。国会では、受動喫煙防止対策の認識について質問された愛煙家の麻生財務大臣が「受動喫煙について嫌な人がいたらなるべくその人と付き合わないか、吸わないかだと思う」と答えている。

 この法案により居酒屋、飲食店、大規模なバー・スナック、劇場、パチンコ店など、お酒を提供する居酒屋などは全面禁煙になる見通しだ。一方で、小規模なバー・スナック、タバコの販売店、旅館などの個室、スタジアムなどの興行場は例外とされている。

 では、街の喫煙者達はこの「建物内全面禁煙」をどう思っているのか? その是非を浅草ホッピー通りの居酒屋で出口調査した。

 喫煙者からは、

「反対。家だけで吸ったらつまらないよね。体には悪いけど、ストレスにはいいもんね」
「ダメ、反対。もし税金取るんだったらマナーは守るから自由に吸わせてほしい」
「反対。ストレスで煙草を吸う。仕事終わりの煙草はいつも以上に美味しい」
「反対。東京だけでやってくれ。地方は関係ない。8割9割が吸う人だから営業妨害」
「反対。喫煙者に対して悪のイメージがついている。そんなに悪い物だとは思えない」

と、全面禁煙を否定する声が多数あがった。一方、非喫煙者からは、

「賛成、食べ物自体が不味くなる。邪魔されるのがタバコ、不愉快」
「賛成、匂いとか煙が嫌。(全面禁煙になっても)自分たちは困らない」

 と、賛成のコメントが寄せられた。しかし、喫煙者の中にも「吸う時は吸えるところでゆっくり吸いたい」という賛成派はいるようだ。

 作家で喫煙者の鈴木涼美氏も「喫茶店もだめになると、そういうユーザーがいなくなる」と嘆く。また、お笑い芸人のサバンナ高橋茂雄は「最近は芸人も吸わなくなってきている。(男性)アイドルの喫煙率の方が高いのでは」と考えを示した。(AbemaTV/「勝手に出口調査」より)

最終更新:5/20(土) 19:49

AbemaTIMES