ここから本文です

象もうさぎも、みーんなウンチは12秒でフィニッシュ

5/20(土) 21:10配信

ギズモード・ジャパン

ウンチという平等な存在。

小学校の先生が言った言葉の1つで、今でも覚えているものがあります。それは、「ウンコは平等。金持ちも貧乏人もウンコはみんな臭い」です。覚えているわりに、何を感じたわけでも学んだわけでもなかったですが、ウンチは匂い以外でも平等だということがわかりました。とある研究が、ウンチにかかる時間について発表しています。

ジョージア州、ジョージア工科大学のメカニカルエンジニアPatricia Yang氏の率いるチームが研究したのは、いろいろな動物のウンチの所要時間。レポートによれば、象のような体の大きな動物も、うさぎのような体の小さな動物も、哺乳類ならばウンチにかかる時間はみんな一緒で12秒だといいます。

ウンチ12秒という結論にいたるまでには、それはそれはたくさんの動物のウンチシーンを観察することが必要です。チームは、動物園やドッグパークでウンチシーンを撮影。また、YouTubeでもいろいろな動物のウンチシーンをチェック。体が大きな動物は、たくさん食べてたくさん出しますが、そのぶん直腸の粘液も多く、それが排泄をスピーディーにしているのだといいます。

Yang氏は、ウンチタイムが等しい理由について生命リスクとの関係を語っています。「排泄物の匂いは敵(捕食者)をひきよせます。つまり、長くかかればかかるほど、敵に見つかる危険が増すといういうことなのです」

きっと、体の大きさに関わらずウンチ所要時間が同じというのは、神が与えた世の平等なのでしょう。生命のリスクはウンチによって左右されるべきではない。ウンチとは絶対的に公平な存在。

哺乳類ってことは人間もはいってますよね。…今度、はかってみよっと。

image: Cory Thoman / Shutterstock.com
source: RSC Publishing, New Scientist

(そうこ)