ここから本文です

ハースF1、モナコGPでグレーを基調としたカラーリングに一新。カーナンバーの新規則に対応

5/20(土) 12:17配信

motorsport.com 日本版

 これまでハースは、主にグレーと赤を使用したカラーリングのマシンを用いていた。しかし、モナコGPでそのマシンのカラーリングを変更することをハースは明らかにした。ウイングやノーズを強調させるような赤は、ほぼグレーに塗り替えられ、エンジンカバーの後部にある細い赤線や赤いチームロゴだけがアクセントとして残されるようだ。

写真:マシンの上面。全体的に落ち着いた雰囲気に

 ハースのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、カーナンバーの視認性を高めるためにマシンのカラーリングを変えたと示唆している。

 スペインGPより導入された新しい規則により、FIAはカーナンバーをマシン前方から確認できるようにし、またドライバーの名前(3文字の略号でも可)もしくはカーナンバーをマシンの側面に設置することをチームに課している。

 シュタイナーは次のように述べている。

「今年はこの変更のままで行く」

「カーナンバーの大きさとその取り付け位置の変更に伴い、我々はマシン全体をもう少し見えやすく改良した」

Lawrence Barretto