ここから本文です

ムグルッサがビーナスにフルセット勝利で4強 [ローマ/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 5/20(土) 15:13配信

 イタリア・ローマで開催されている「BNL イタリア国際」(WTAプレミア5/5月15~21日/賞金総額307万6495ユーロ/クレーコート)の女子シングルス準々決勝で、第3シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)が第9シードのビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)を6-2 3-6 6-2のフルセットで下し、準決勝進出を決めた。

全仏からのワイルドカード拒否のあと、シャラポワが棄権 [BNL イタリア国際]

 第1セットの立ち上がりからムグルッサの4-0リ-ドと一方的な展開となり、リードを保ったムグルッサがこのセットを奪った。

 36歳のビーナスは、第2セットで3度ブレークポイントを握られるなど自身のサービスゲームキープに苦しんだが、先にムグルッサのサービスゲームのブレークに成功し、最終セットに持ち込んだ。

 第3セットの第1ゲームでムグルッサのサービスゲームをブレークしたときにはビーナスに試合の流れが傾いていたが、ムグルッサはすぐさまブレークバックに成功。その後もビーナスは自身のサービスゲームでダブルフォールトを2度おかし、再度ムグルッサにブレークを許した。第3セットの第8ゲームでもムグルッサがビーナスのサービスゲームのブレークに成功し、勝利を決めた。

 ムグルッサは準決勝で、第8シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)と対戦する。スビトリーナは第2シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)を6-2 7-6(9)で下して勝ち上がっている。

 そのほかの準々決勝では、前週のマドリッド(WTAプレミア・マンダトリー/クレーコート)で優勝を飾った第6シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)がアネット・コンタベイト(エストニア)を6-2 6-4で破り、準決勝に進出した。予選から快進撃で勝ち上がってきたコンタベイトの、夢のデビュー戦はここで幕を閉じた。21歳のコンタベイトは、今大会2回戦で世界1位のアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を破る金星を挙げていた。

 25歳のハレプは準決勝で、予選勝者のダリア・ガブリロワ(オーストラリア)を6-3 6-3で倒した第15シードのキキ・バーテンズ(オランダ)と対戦する。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: ROME, ITALY - MAY 19: Garbine Mugurza of Spain plays a shot during her quarter match against Venus Williams of USA in The Internazionali BNL d'Italia 2017 at Foro Italico on May 19, 2017 in Rome, Italy. (Photo by Gareth Copley/Getty Images)

最終更新:5/20(土) 15:13

THE TENNIS DAILY