ここから本文です

那須泰斗、天然っぷり炸裂 「RADWIMPS『前前前世』の印税は5000億円!?」

5/20(土) 11:00配信

AbemaTIMES

 ゴシップ情報番組『ゴシップジェネレーション』にて、男子高生 ミスターコン2016準グランプリで現役高校生モデルの那須泰斗(17)が天然っぷりを炸裂させた。

 『ゴシップジェネレーション』は、芸能界のウワサが大好きな若者たち、“ゴシップジェネレーション”のギモンに対し、芸能界を知り尽くしたベテラン芸能リポーターが回答するゴシップ情報番組。MCを俳優の南圭介(31)が務め、お笑いコンビ・うしろシティの金子学(34)と阿諏訪泰義(36)が“兄貴分”。この日の“ゴシップジェネレーションズ”には、ちぴたんことギャルモデルの石川千裕(18)、読者モデルの佐藤ノア(19)、そして那須が出演し、ゲストとしてK-1王者の武尊(25)が出演した。

 番組の企画コーナー「気になる芸能人の推定収入」では、RADWIMPS『前前前世』の印税や、新垣結衣の『逃げるは恥だが役に立つ』のギャラが話題に。

 『前前前世』は、シングルではなく『君の名は。』というサントラアルバムに入っており、同アルバムは50万枚出荷されているという。そもそも「印税の仕組みがわからない」と騒ぐメンバーだが、「いくらくらいだと思う?」と聞かれた那須は「5000億円くらい」と回答。あまりにもピュアな発言に、金子が思わず「5000億円って。小学生の頃、俺は100万兆円とか言ってたわ。それに近い感じだよね」とつっこまれるも、当の本人はきょとんとした様子。

 続けて、佐藤は「どこでも聞くし、有線でも流れてるし…1億くらい?」、石川も「2、3億くらいいってそう」と予想。

 芸能リポーターの菊地真由子氏(40)が「一般的なCD売上の印税収入は、作詞家に売上の1.5%、作曲家に1.5%、アーティストに1%。作詞作曲しているアーティストは、アーティストによって差異はありますが、計4%という計算になります。ここから算出すると、『前前前世』の印税は推定5400万円」と正解を発表すると、その“響き”から「那須くんが1番近いじゃん!」と金子はコメント。那須もなぜか嬉しそうに笑顔を浮かべていた。

 その後、新垣結衣の『逃げるは恥だが役に立つ』のギャラについて聞かれると、那須は「50億」とまたしてもビッグな回答。芸能リポーターのあべかすみ氏(57)が「1話分のギャラは180万円くらいで、11話でトータル出演料は1980万円」と推定収入を発表したが、「那須くんは5っていう数字が好きなんだね。1話5億の計算だよね」と周囲をほっこりさせていた。
(AbemaTV/『ゴシップジェネレーション』より)

最終更新:5/20(土) 11:00
AbemaTIMES