ここから本文です

福島県初!ドローン公認スクールが開校 猪苗代で操縦士育成

福島民友新聞 5/20(土) 10:05配信

 小型無人機「ドローン」の操縦士を養成する「ドローンスクールジャパン会津猪苗代校」は19日、猪苗代町千代田に開校した。屋内コートを備え、建設や防災などの産業に技術を生かせる操縦士育成を目指す。
 南進測量(会津若松市)が「ドローンスクールジャパン」を全国に展開するスカイロボット(東京都)とフランチャイズ契約し、県内初のドローン操縦士協会(東京都)公認校として開校。施設はバス会社の車庫だった施設を同町から借りた。屋内に2面の専用コートを備える。
 同校で行われた開校式では、南進測量の樋山秀樹社長が「ドローンは多様な産業で50以上の用途で使える。学校で学んだ技術を地域経済発展のために生かしてもらいたい」とあいさつした。同協会の小林一郎理事長が樋山社長に認定校の盾を贈った。同校のインストラクターによるデモ飛行が屋内外で披露された。

福島民友新聞

最終更新:5/20(土) 10:05

福島民友新聞