ここから本文です

ティエム クレーでナダル破り初4強、準決勝はジョコビッチかデル=ポトロ<男子テニス>

tennis365.net 5/20(土) 10:19配信

BNLイタリア国際

男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は19日、シングルス準々決勝が行われ、第8シードのD・ティエム(オーストリア)が第4シードのR・ナダル(スペイン)に6-4, 6-3のストレートで勝利し、大会初のベスト4進出を果たした。

【錦織らジュネーヴOP 対戦表】

今季、バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)とムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)の2大会連続でナダルに敗れていたティエムだったが、この日はわずか1度しかブレークを許さず、1時間51分で勝利を手にした。

今回の勝利で、ティエムはナダルとの対戦成績を2勝4敗とした。

準決勝では、第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)とJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)の勝者と対戦する。

23歳のティエムは今季、2月のリオ・オープン(ブラジル/リオデジャネイロ、レッドクレー、ATP500)でタイトルを獲得。モンテカルロ・ロレックス・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッド クレー、ATP1000)では3回戦で敗れたが、バルセロナ・オープン・バンコ・サバデルとムチュア・マドリッド・オープンの2大会連続で決勝に進出するなど、クレーで好調をキープしている。

一方のナダルは今シーズン、モンテカルロ・ロレックス・マスターズ、バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル、ムチュア・マドリッド・オープンのクレー3大会でタイトルを獲得するなど無類の強さを見せていたが、クレーの連勝は17でストップした。

tennis365.net

最終更新:5/20(土) 10:19

tennis365.net