ここから本文です

イタチカ八戸 21日ホームで初陣/東北フットサルリーグ1部

デーリー東北新聞社 5/20(土) 14:01配信

 青森県八戸市の社会人フットサルチーム「Itatica(イタチカ)八戸」が所属する、東北フットサルリーグ1部が21日、八戸東体育館で開幕する。今季の初戦をホームで迎えるイタチカの選手たちは「応援を力に変えて勝利し、良いスタートを切りたい」と闘志を燃やしている。

 昨季は5勝2分7敗と負け越し、8チーム中6位で終わった。オフシーズンは、チーム全体で走り込み、強みである「後半まで走り負けせず、勝負を仕掛ける」(山野内智大主将)フットサルの強化に取り組んだ。

 初戦の相手は昨季3位のヴォスクオーレ仙台サテライト。昨季の対戦成績は1勝1敗で、山野内主将は「苦手意識はない。プレッシャーをかけてボールを奪えば、得点できるはず」と気負いはない。昨季通算16得点でリーグ2位の好成績を収めた吉岡弘樹も「しっかり得点し、勝利に貢献したい」と気合十分だ。

 監督も務める清水浩介代表は「応援に対して感謝の気持ちを大切に戦っている。ホーム戦では特に観客に楽しんでもらえる試合をしたい」と抱負を語った。

デーリー東北新聞社

最終更新:5/20(土) 14:01

デーリー東北新聞社