ここから本文です

「時がきた」 ラカゼットがリヨンから離れることを認める 移籍先はスペインか

5/20(土) 18:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

グリーズマンとの競演を望む

リヨンに所属するアレクサンドル・ラカゼットが、今シーズン限りでクラブを去ることを認めた。

ラカゼットはリーグ戦ここまで、29試合中26ゴールを挙げ得点ランク2位に付けている。素晴らしい活躍を続けるフランス人ストライカーには、移籍の噂が昨シーズンから絶えない。現在はアトレティコ・マドリードが獲得に一番近づいていると見られ、ラカゼット本人も興味を示している。同選手は仏『L'Equipe』に今シーズン限りでクラブを去ることを認め、アトレティコについても語った。

「時がきた。なにか新しい発見がしたいんだ。リスクを背負って新しいレベルに達したい。ヨーロッパのスケールは十分理解しているよ。まだ僕は十分に知られていない。人々の期待に応えられるような選手になりたいんだ。アトレティコは素晴らしいクラブだね。チャンピオンズリーグでここ何年も結果を残している。クラブは素晴らしい雰囲気で新しいスタジアムもある。そしてアントワーヌ・グリーズマンがいるね。彼とはフランスでU-18のときから一緒にやっているよ。また一緒にプレイできたら、良い物語となるだろうね」

アトレティコ移籍も示唆したラカゼットだが、果たして来シーズンはどのクラブでプレイしているのだろうか。今夏の移籍市場から目が離せない。

https://www.theworldmagazine.jp