ここから本文です

西武7得点で勝利、浅村が100号 ソフトBは中田が大誤算、3連勝でストップ

5/20(土) 17:28配信

Full-Count

西武が1勝1敗のタイに戻す

 西武が、序盤の猛攻で7-5でソフトバンクを破った。20日のソフトバンク戦(メットライフ)。3回までに2本塁打などで7得点。優位に試合を進めて逃げ切り、1勝1敗と星をタイに戻した。

 1点ビハインドで迎えた2回に打線が火を噴いた。まず、1死二塁から木村文が左翼席への2号2ランを放ち、逆転に成功。さらに2死一、三塁のチャンスを作ると、浅村が3ボールからの4球目を左翼席に運ぶ4号3ラン。通算100号のメモリアルアーチが出て、この回一挙に5点をあげた。

 3回にも木村文の適時打、水口の適時二塁打で2点をあげ、リードを広げた。先発の佐野は初回にデスパイネに先制のタイムリーを浴びるなど、5回までに4失点。牧田も柳田にソロを浴びて今季初失点を喫してジワジワとその差を縮められたが、シュリッター、増田と繋ぎ、リードを守り抜いた。

 ソフトバンクは先発の中田が大誤算。3回持たず、6安打4四死球7失点で今季最短KO。打線は西武を上回る8安打を放って、5点を奪ったものの、序盤に奪われたリードが最後まで響き、連勝は3でストップした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5/20(土) 17:34
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 1:15