ここから本文です

セウォル号 発見遺骨は女子高生

ホウドウキョク 5/20(土) 11:07配信

3年前に沈没したセウォル号の船内から、行方不明だった女子高校生の遺体が確認された。
韓国南部で沈没し、修学旅行の高校生ら300人以上が犠牲になったセウォル号は、2017年3月下旬に陸上に引き揚げられ、捜索が行われてきた。
現地当局が、16日に客室の3階付近で発見した「歯」を鑑定したところ、行方不明だった檀園(タンウォン)高校のホ・タユンさんのものと判明した。
タユンさんの母親は、韓国メディアの取材に「行方不明者全員が見つかる奇跡を信じる」と話している。
船体の引き揚げ後、遺体の身元が確認されたのは、教師の男性に続き2人目で、行方不明者は残り7人となっている。

最終更新:5/20(土) 11:07

ホウドウキョク