ここから本文です

「松山バレエ団」が中国で公演

ホウドウキョク 5/20(土) 16:09配信

中国政治の中心地、人民大会堂で、日本のバレエ団が公演した。
舞台で優雅に舞うのは、バレリーナの森下洋子さん(68)。
68歳の今も、現役プリマとして舞台に立ち続けている。
19日、森下さん率いる松山バレエ団が、日中国交正常化45周年を記念し、人民大会堂で公演した。
演目は、中国の古い民話を題材にした「白毛女」で、日中国交正常化以前の1958年に、松山バレエ団が中国で公演を実施して以来、今回が15回目になる。
森下さんは、「本当に幸せなことだし、ものすごく感動しております」と語った。
日本のバレエ団が人民大会堂の舞台で公演するのは、異例のことで、森下さんは、公演終了後、感激した様子だった。

最終更新:5/20(土) 16:09

ホウドウキョク