ここから本文です

元町にファミリアが再出店へ 横浜

5/20(土) 19:03配信

カナロコ by 神奈川新聞

 子ども服メーカーのファミリア(神戸市)は6月11日、横浜市中区元町に「ファミリア横浜元町店」をオープンする。店舗は2フロアで延べ床面積は約470平方メートル。

 コンセプトは「マナビ(学び)」を通してわくわくや新しい発見ができるショップで、出産準備から小学生を対象にした育児、ファッションアイテムをシーンや年齢ごとに紹介する。沐浴(もくよく)や肌着の着せ方、出産準備リスト、食器体験など、妊娠中や育児中の母親が抱える不安を楽しみや期待感に変えられるような体感型ショップという。マタニティ、親子、幼児の3クラスの体験型教室も併設する。

 ファミリアは1978年12月から元町に店を構えていたが、売り上げがピーク時と比べ4割減ったことなどから、2003年4月に撤退していた。今回、横浜市の出生数の多さや、横浜が子育てに興味、関心を持っているエリアの上位であるとの調査結果などを受け、再出店を決めたという。

 同社は「モノを売るだけではなく、コトやマナビを加えることで、お母さんにもお子様にも体感していただき、マタニティからベビー、キッズへとつながっていられる子育て中のサービスステーションをつくりたい」と話した。

 同店は元町プラザに隣接し、以前はGAPストアが入店していた。営業時間は午前10時~午後7時で、毎週月曜は定休日。