ここから本文です

北朝鮮、国連機関に化学兵器原料の特許申請

読売新聞 5/20(土) 11:32配信

 【ニューヨーク=橋本潤也】国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会は、北朝鮮が国連の専門機関である世界知的所有権機関(WIPO、本部ジュネーブ)に、化学兵器の原料となるシアン化ナトリウムの製造法の特許を申請したことが安保理決議に違反する可能性があるとして調査を始めた。

 米国の国連代表部は19日、声明で特許出願の事実を制裁委に通知しなかったWIPOの対応に懸念を示した。

 米FOXニュースによると、北朝鮮は2015年11月、シアン化ナトリウムの製造法の特許登録の手続きを始めたが、WIPOは制裁委に出願の事実を通知していなかった。WIPOによると、出願は北朝鮮から個人の名前で行われたが却下された。

 朝鮮労働党の金正恩(キムジョンウン)委員長の異母兄である金正男(キムジョンナム)氏が2月、猛毒のVXで殺害される事件が発生し、北朝鮮の化学兵器開発の進展に国際社会の懸念が強まっている。米国のヘイリー国連大使は声明で、国連の専門機関と安保理の制裁委との緊密な連携を求めた。

最終更新:5/22(月) 1:54

読売新聞