ここから本文です

中京圏から田植えツアー 立山

5/20(土) 21:58配信

北日本新聞

 JAアルプスの立山町産米が多く流通する中京圏からの田植えツアーが20日、同町下白岩の上東地域活性化センターと近くの水田で開かれた。親子20組40人がいつも食べている米が豊かな自然に育まれていることを知り、米作りに理解を深めた。

 同JAや全農とやま、地元の農事組合法人「上段中部営農」などが協力し、食育活動の一環で毎年開催している。参加者は同日朝に名古屋駅を出発し、車内で米についてのクイズなどを楽しんだ。

 青空の下、JA職員らの指導で苗を手植えし、希望者は田植え機に試乗した。はだしで水田に入るのは初めての子どももおり「冷たい」「ぬるぬる」などと歓声を上げていた。田植え後は同センターでジャンボのり巻きを作った。

北日本新聞社

最終更新:5/20(土) 21:58
北日本新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ