ここから本文です

上原多香子さんがまとう沖縄の伝統工芸 雑誌「美しいキモノ」で南風原花織特集

5/20(土) 5:05配信

沖縄タイムス

 今年1月に国の伝統的工芸品に指定された沖縄県南風原町特産の南風原花織が、20日発売の雑誌「美しいキモノ」夏号(ハースト婦人画報社)で特集されている。6ページにわたってデザインや糸染め、製織などの工程や、100年の歴史を紹介するほか、県出身女優でSPEEDの上原多香子さんが、町本部の織り手・大城トミ子さん(68)の南風原両面浮花織(うきはなおり)をまとった写真を掲載している。

 富川匡子編集長は「織りの種類が豊富で、花織と琉球かすりの併用など南風原らしさがある」と強調。特集ではタッチリー、喜屋武六枚といった9技法を紹介している。

 今年3月の記念式典で来沖した際に大城廣四郎工房と手織工房おおしろを取材。「織子の女性が生き生き働く様子が印象的だった。式典でも、高齢者から若手まで織り手の仲の良さ、熱心さに感心した」という。

 町照屋の大城美枝子さん(53)制作の南風原絽織(ろおり)のモデルも務めた上原さんは「沖縄の着物が多くの方々の目に触れることはうれしい」とコメントしている。同誌は2100円。問い合わせは同社、電話03(6384)5098。

最終更新:5/20(土) 14:05
沖縄タイムス

Yahoo!ニュースからのお知らせ