ここから本文です

スーパーGT:「オートポリスは走って楽しい」GT300ポール会見/松井孝允&山下健太

5/20(土) 16:43配信

オートスポーツweb

 スーパーGT第3戦オートポリス、GT300クラスは昨季チャンピオンチームのVivaC 86 MCが今季初のポールポジションを獲得。松井孝允と山下健太が予選後、喜びと決勝にかける決意を語った。

【写真】GT300ポールポジションを獲得したVivaC 86 MC

VivaC 86 MC
松井孝允
「Q2ではクリアラップを取るのに手間取りましたし、アタックラップ自体にも反省する部分はありました。でも、うまくまとめられたとは思います」

「僕は毎日ガレージでクルマを見ているので、どういうふうにクルマが変わってきているかも見ています。それは大きいと思いますね。どうアタックしたらいいのかが分かりますから」

「スーパーGTでオートポリスを戦うのは初めてなんですが、やはり攻めがいのあるコースだと思いますし、走っていて楽しかったですね」

「ここに向けてチームとして本当にしっかりした準備ができていましたから、あとはそれに応えるだけ、と思って乗り込んできました。こういう形でポールを獲れたことは本当に嬉しいです」

「ポールポジションも大事ですが、もっと大事なのは明日の決勝です。予選が良かっただけと思われないように、明日に向けてもまたしっかり準備をして、勝ちたいと思います」

山下健太
「今日はQ1もQ2も一番が獲れてとても嬉しいです。僕が走ったQ1ではいきなり赤旗が出ました。『次の周にアタックしよう』というところだったので、嫌だな、と思いましたね」

「(再開後の)リカバリーはそれなりにうまくいきました。ただ、位置取りが難しくてアタックラップではちょっと(前のクルマに)詰まったところもあったんですけど、チームがいいクルマを作ってくれたと思います」

「久しぶりのオートポリス、やっぱり面白いですね。ここは(マザーシャシーを含む)JAF-GTが有利と言われていて、それはそうだと思いますが、同じく有利と言われていた岡山で苦しかったりもしましたから、なんとしてでもここは獲らないと(チームとして)チャンピオン争いが厳しくなる」

「そこでポールが獲れて嬉しいですし、チームと松井選手のアタックが素晴らしかったと思います」

「予選と決勝はまた話が別だと思いますが、明日は一度も抜かれることなく、このまま勝ちたいです」

[オートスポーツweb ]