ここから本文です

展示部門始まる 田辺市文協フェスティバル

5/20(土) 17:01配信

紀伊民報

 和歌山県の田辺市文化協会主催の第25回文協フェスティバル展示部門が20日、田辺市新屋敷町の紀南文化会館で始まった。多種にわたる力作が並び、参観者でにぎわっている。21日まで。紀伊民報後援。

 31の団体と個人が出品。1階の展示ホールで書と洋画、4階の小ホールで生け花、革細工、紀州てまりなど、4階の研修室で古谷石、俳句、陶芸を展示している。4階には茶席(茶券300円)もある。

 書と俳句を出品している田辺市内の女性(75)は「他の人の作品を見て、こんなふうにできたらいいなと参考にしながら鑑賞している」と話した。

 展示時間は午前9時~午後5時(茶席は午後4時まで)。

 舞踊などを披露する舞台部門は27日、28日、6月4日のいずれも午後1時半から、紀南文館大ホールである。

最終更新:5/20(土) 17:01
紀伊民報