ここから本文です

寒ぶり大使に把瑠都さん 能登町委嘱、「人気出るようPR」

北國新聞社 5/20(土) 1:50配信

 能登町は19日、大相撲の元大関でタレント、格闘家の把瑠都(ばると)さんを「能登町寒ぶり特命大使」の第1号に委嘱した。東京都内で交付式が行われ、把瑠都さんは「もっともっと人気が出るよう寒ぶりをPRし、頑張る若手漁師たちも応援したい」と意欲を語った。

 把瑠都さんは昨年12月上旬に5日間、BS―TBSの旅番組の撮影で能登町を訪れたことが縁となり、大使就任が決まった。大型定置網の寒ぶり漁を体験する中で、漁師親子の奮闘ぶりや温かな人柄に触れ、番組スタッフに滞在期間の延長を申し出るほど能登町が気に入ったという。

 把瑠都さんが所属する港区赤坂のオフィス北野で行われた交付式では、持木一茂町長が「天然物でまるまる太ったのと寒ぶりのようなパワーで」と話し、全国発信への力添えを期待する委嘱状や大使の特製名刺などを手渡した。

 式の後、持木町長は「気さくな人柄に接して町民は喜んでいた。来年1月の『のと寒ぶりまつり』にも来てください」と呼び掛けた。釣りが趣味という把瑠都さんは「魚と海、港町が大好きなので、ぜひまた行きたい」と応じた。

北國新聞社

最終更新:5/20(土) 1:50

北國新聞社