ここから本文です

横浜FM先制も、仙台が後半追いつきドロー…両チーム決定機を決めきれず

SOCCER KING 5/20(土) 15:57配信

 2017明治安田生命J1リーグ第12節が20日に行われ、横浜F・マリノスとベガルタ仙台が対戦した。

 前節のヴァンフォーレ甲府戦で連敗をストップした横浜FMは、決勝点を決めたDF金井貢史が引き続き先発出場。一方の仙台は、MF奥埜博亮がリーグ戦6試合ぶりの先発出場を果たした。

 最初にチャンスを迎えたのはアウェイの仙台。2分、MF永戸勝也がペナルティエリア左脇からゴール前に折り返す。FW石原直樹が足で落とすと、梁勇基が迫ってきたGKを交わしてシュート。しかし、ゴールライン寸前で相手DFに阻まれてしまう。続く10分には、ペナルティエリア内からDF大岩一貴が右足を振り抜くも、ボールはわずかに左に逸れてしまいゴールにはいたらず。

 さらに仙台のチャンスは続く。20分、石原が落としたボールにMF三田啓貴が反応。ドリブルでゴール前まで突き進み倒れながらシュートを放つ。しかし、このシュートも枠を捉えられない。

 防戦一方だった横浜FMにチャンスが訪れる。32分、DF松原健が前線にロングボールを送る。反応したMF齋藤学が頭で合わせるが、このシュートはわずかに上に逸れてしまい、チャンスを生かすことができない。

 前半アディショナルタイム1分、試合が動く。MFマルティノスのスルーパスに抜け出したMF前田直輝がGKとの1対1を迎える。このチャンスを落ち着いて決め、試合の主導権を握られていた横浜のリードで前半を折り返す。

 54分、カウンターのチャンスから梁がペナルティエリアに侵入しシュートを放つ。しかし、GK飯倉大樹の正面に飛んでしまい、横浜FMのゴールを割ることはできない。

 71分にも仙台にチャンス。ゴール前でパスを回し、三田が落としたボールをDF増嶋竜也がダイレクトでミドルシュート。だがまたもやGKに処理されてしまう。しかし77分、三田が蹴ったCKにDF大岩一貴がヘッドで合わせ、仙台が待望の同点弾を決める。

 その後両チームともチャンスを作るも、試合を決めることはできず1-1で試合終了。

 次節、横浜は清水エスパルスとアウェイで、仙台はアルビレックス新潟のホームで、それぞれ対戦する。

【スコア】
横浜F・マリノス 1-1 ベガルタ仙台

【得点者】
1-0 45分+1分 前田直輝(横浜FM)
1-1 77分 大岩一貴(仙台)

SOCCER KING

最終更新:5/20(土) 16:46

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合