ここから本文です

井上尚弥の9月米進出へ大橋会長「風が吹いている」

日刊スポーツ 5/20(土) 10:01配信

 本土に「イノウエ」を知らしめるのは僕だ-。明日21日に有明コロシアムで開催されるダブル世界戦(日刊スポーツ後援)でメインを務めるWBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(24=大橋)が19日、都内で調印式に臨んだ。5度目の防衛戦で同級2位リカルド・ロドリゲス(米国)を迎える一戦を「次につなげる大事な試合」と表現する。次とは9月に予定される米国での試合。「自分のできる限りのボクシングで全力でアピールしたい。良い形で試合を終わらせたい」といつも以上に語気を強めた。

【写真】井上尚弥 世界戦へ髪形は「まだ迷ってます」

 同席した大橋会長は「風が吹いている」と語った。話題にしたのは、米ハワイ州オアフ島のホノルル国際空港が、12年に死去した同州出身で日系初の連邦上院議員にちなみ「ダニエル・K・イノウエ国際空港」に改名したこと。「この流れに乗りたい。ハワイで合宿もありですね」と検討に入った。

 翌日に計量を控える井上は「もうリミットに入りました」と順調な減量をアピール。秋に本土で「イノウエ」の名前を売るためにも「僕の魅力がすべて伝えられる試合で飾りたい」と出陣する。【阿部健吾】

最終更新:5/20(土) 10:40

日刊スポーツ