ここから本文です

津川雅彦驚いた、HIROの差し入れコンビニ1軒

日刊スポーツ 5/20(土) 13:41配信

 EXILEのリーダーHIRO(47)が20日、都内で、初プロデュースした映画「たたら侍」(錦織良成監督)の舞台あいさつを、主演の青柳翔や共演のAKIRA、小林直己らと行った。

【写真】上戸彩ミニワンピ姿、出産前と変わらぬスタイル披露

 HIROは「時代劇ですが、現代の僕らに通じるものがたくさんあります。主人公の成長を見ながら本当の強さとは何かを感じてほしい」とPR。また「素晴らしいスタッフ、キャストに支えられて最高の映画ができたと思う。本物をどう表現するかという強い思いで動きだしたことがここにつながっている。日本中の人が日本の心をもう1回感じてほしい」と語った。

 青柳は「無事に初日を迎えることができたのもスタッフの皆さんや大先輩、たくさんの方のおかげ」とあいさつ。同作はモントリオール世界映画祭で最優秀芸術賞受賞など世界7カ国の映画祭で計19の賞を受賞した。「海外の方の反応はストレートで、その中での評価はうれしい。日本の良さ、美しさ、伝統を受け入れてくれた気がしてうれしかったです」と語った。

 また、AKIRAは「たくさんの海外の映画祭でも上映させていただきましたが、今日、日本での上映が一番緊張しています。この映画からたくさんのことを学びました。一生懸命に演じました。その魂が皆さんに届くことを願っています」。小林は「人生のターニングポイントになる作品に参加できて光栄。忘れかけている日本人として知っているはずの感覚を気付かせてくれる作品」とあいさつした。

 作品は、戦国時代の島根・奥出雲を舞台に、名刀を生み出す鉄の玉鋼(たまはがね)を作る伝統技術「たたら吹き」を継承し、守ることを宿命付けられた主人公の成長を描いた時代劇。他に共演は、田畑智子、石井杏奈、甲本雅裕、宮崎美子、でんでん、佐野史郎、笹野高史、早乙女太一、津川雅彦ら。

 津川は「すごいスケールの大きい映画。これまで予算50億円の映画に出たことがあるけど、ハリウッド並の映画と思っている。お金を使っている意味ではHIROさんがコンビニ一軒ごと差し入れしてくれた。相当なスケール。食べると補充があるんです。スケールは50億の映画」と撮影のエピソードを紹介し、会場を沸かせた。

最終更新:5/20(土) 14:01

日刊スポーツ