ここから本文です

スペイン、ゾンビ銀行がついに背水の陣か-4500億円赤字で身売り模索

Bloomberg 5/20(土) 1:46配信

スペインのポプラール・エスパニョール銀行では、10年続いていた危機がついにヤマ場を迎えるかもしれない。

エスパニョール銀は金融危機前の不動産融資で大量の不良債権を抱えたが、過去5年間で3回にわたって株主に増資を仰ぎ、なんとかしのいできた。それでも株価は2007年のピーク時から98%下落しており、時価総額は投資家から昨年調達した額をわずかに上回るにすぎない。エミリオ・サラチョ会長は同行を安定させようと、あらゆる手段を尽くそうとしている。

16日にエスパニョール銀は同行の買収に関心がないかと、競合銀行に打診した。その翌日には不動産会社の持ち株を売却して資金を調達し、18日には自行が発行した高リスク債券について7月の利払いを実施できると発表し、市場の不安解消に努めた。

エスパニョール銀は2016年通期で36億ユーロ(約4500億円)の赤字を計上。昨年12月にJPモルガン・チェース出資のサラチョ氏が会長に就く前は、アンヘル・ロン氏が10年以上もこのポストを維持し、2012年には政府の救済を断っていた。同行の資本強化もしくは売却の使命を担うサラチョ氏にとって、状況はますます厳しさを増している。

スペインのエルパイス紙によると、エスパニョール銀に対する買い手の意欲は鈍い。スペイン銀行最大手のサンタンデール銀行、同4位のバンキアが今のところ手を挙げているものの、サンタンデールの資本の厚みは欧州他行に比べて薄く、バンキアは公的支援を受けて以来、国営のままだ。

各行の広報担当者はコメントを控えている。

原題:Spain’s Zombie Bank Lurches Toward Uncertain Fate After Loss (2)(抜粋)

Charles Penty

最終更新:5/20(土) 1:46

Bloomberg