ここから本文です

上野動物園Webサイト〈UENO PLANET〉が人気のワケは!? 見たら今すぐ行きたくなる!/東京

5/20(土) 12:25配信

Webマガジン コロカル

コロカルニュースvol.2090

■上野動物園を「未知の惑星」と見たてた、話題のWebコンテンツ

東京・上野にある恩賜上野動物園には、約350種類の動物だけではなく、都心に残された豊かな自然、130年以上におよぶ歴史など、まだまだ知られざる魅力があります。

【写真で見る】動物まめ知識から、上野動物園の裏側まで探求できる充実の内容。グラフィックも注目

そんな上野動物園の裏側を探求できるスマートフォン・タブレット向けサイト〈UENO PLANET〉をごぞんじですか?テーマは「未知の惑星、上野動物園」。オープンすると、SNSなどで「動物園の空間のおもしろさを、めっちゃハイクオリティなデザインでたっぷり見せる」と話題になりました。

ユニークなのは、動物園をひとつの惑星に見立て、普段は見過ごしがちな動物たちの姿や家、植物などにスポットをあてていること。

コンテンツは、動物たちの模様を紹介する「PATTERN(模様)」、家を紹介する「HOUSE(家)」、夜行性動物を紹介する「NIGHT(夜)」、動物園で働く人を紹介する「PEOPLE(人)」などなど!

各ページから園内マップやまめ知識のページへ飛べ、動物園でアクセスすれば、ガイドにもなります。たとえば「マヌルネコ」の詳細をクリックすると……、園内マップが表示されます。

まめ知識も、ぜひご一読を。動物たちの食事を紹介するコンテンツ「FOOD(食)」、こちらのページから、置物のように動かないことで有名な鳥「ハシビロコウ」の詳細を開くと……

「湿地帯でナマズやハイギョなどの魚類を食べている。普段はほとんど動かない理由は、水面に上がってくる魚に気づかれないように待っているため」「池のほとりで動かずにいる姿を見たらご注目を」とのこと! 上野動物園では池に鯉を放して与えているそう。運が良ければ、ハシビロコウが魚を食べるところが見られるかもしれません。ぜひ見てみたいですね!

上野動物園の教育普及課、高橋さんがUENO PLANETについて次のようにコメントを寄せてくださいました。

「SNS上で寄せられたコメントのなかで“久しぶりに動物園に行きたくなった”という声も多く見受けられました。しばらく動物園を訪れていない方を含め、UENO PLANETを見て楽しんでいただくことで、たくさんの方が実際に足を運んでくださることを期待しています。未知の惑星を探索する気持ちで、ぜひ当園の多様な魅力を発見してください」(高橋さん)

■日本の“在来馬”の企画展も開催中

さらに。ここからは上野動物園で2017年5月28日(日)まで開催している“在来馬”の企画展をご紹介します。

1/2ページ