ここから本文です

カンヌにいる間は日本のメディアの『HERO』だったキムタク

5/21(日) 14:08配信

リアルライブ

 元SMAPの木村拓哉の主演映画「無限の住人」が日本時間の19日未明、仏で開催中の「第70回カンヌ国際映画祭」の「アウト・オブ・コンペティション部門」で公式上映され、終了後、木村が取材に応じた様子を、各スポーツ紙が報じている。

 各紙によると、上映に先立ち木村、赤い振り袖姿のヒロイン・杉咲花、三池崇史監督がレッドカーペットに登場。その後、メイン会場最大の劇場で上映されると、上映後、2300人の観客からスタンディングオベーションが巻き起こったという。

 上映後、木村らは取材に応じたというが、木村は海外の記者から「SMAP解散はさみしくないの?」と聞かれたことを告白。「事実は事実。そこを自分の中で引きずっていたら、きっと今日も歩けなかったと思います」と胸中を吐露したという。「各紙のジャニーズ事務所担当記者は宿泊代や飛行機代を配給会社が負担するいわゆる“あご足”付きの出張でカンヌ入り。そのため、ネタがなくてもまるでキムタクが『HERO』のような大賛辞原稿を書かなくてはいけなかった。とはいえ、日本での興行成績は惨敗レベル。映画会社としては余計な出費は控えたかったはずだが、ジャニーズ事務所の指示なので逆らえなかったようだ」(映画ライター)

 ちなみに、一部スポーツ紙によると、同映画祭期間中のホテル料金は普段の約5倍。木村らが宿泊する一流ホテルはスタンダードの部屋でも1泊10万円で、木村らはさらにグレードの高い部屋に泊まっているが、出演者や監督は招待されている立場で同映画祭が全額負担してくれるというからかなりの“VIP待遇”だ。

 13年ぶりの同映画祭を華々しく飾った木村だが、帰国したら現実に引き戻されることになりそうなのだとか。

 「長引く視聴率低迷でついに亀山社長が退陣に追い込まれたフジテレビ。そこで、キムタクの代表作『HERO』の新シリーズが浮上しているという。木村にとっての代表作だけに、オファーを受けることに損はなさそうだが…」(芸能記者)

 新シリーズの「HERO」が映画化されれば、少なくとも「無限の住人」よりは集客できそうだ。

最終更新:5/21(日) 14:08
リアルライブ