ここから本文です

自宅で洗う「スニーカー洗浄グッズ」あれこれ 専用洗剤からミニ洗濯機まで

5/21(日) 14:00配信

MONEYzine

 外出の際に大活躍するスニーカーではあるが、当然ながら履けば汚れる。そこで自宅で洗うための「スニーカー洗浄グッズ」が続々と登場している。清潔感が重視される昨今、商品への注目度が高まっている。

 まず、コロンブス(本社:東京都台東区)の「スニーカーケアシャンプー」はスニーカー専用の洗浄剤。同商品は、スニーカーの素材別に2種類が用意されている。「スニーカーケアシャンプー Fabrics & Canvas」は、キャンバス、布、合皮などに対応。また皮革を硬くせず、色落ちもしにくい皮革用柔軟剤配合の「スニーカーケアシャンプー Leathers & All materials」なら、キャンバス、布、合皮などにプラス、天然皮革素材にも使える。じっくりと腰を据えてスニーカーを洗うのによさそうだ。価格は税込で1,296円。

コロンブスの「スニーカーケアシリーズ」 拭いて汚れを落とす、水がいらないタイプの洗浄剤が「シャイ二ーキックススニーカークリーナー」。合皮素材を対象にした同商品、使い方はまずは液剤を布にスプレー。次にこの布で、スニーカーの汚れ部分をこする。こする際には、特に力を入れる必要はなく、あくまでもやさしくが基本だ。そして仕上げに乾拭き(からぶき)すれば一丁上がり。その気になれば自室内でも、スニーカー洗浄ができる便利なこちらの洗剤を手がけるのはビッキー(東京都豊島区)。価格は税込で1,296円。

 洗うなら機械で。しかし衣服を洗う洗濯機を使うのははばかられるという場合に、スニーカー用の洗濯機が活躍する。サイズは幅275ミリ×高さ540ミリで奥行300ミリと、ちょっと大きめのバケツ程度か。それがサンコー(東京都千代田区)の「ミニ洗濯機」だ。ミニとはいっても内容は充実している。洗い、すすぎ、脱水(簡易)と、普通の洗濯機と同様の機能を持ち、パワフルにスニーカーの汚れを落とす。しかも手洗いとは違い、洗濯機の左右に回転する水流で洗うため、内部を含め、スニーカー全体の汚れに対応。手で洗うのはおっくうという人にとって必需品になりそうな1台。価格は7,980円(税込)。

 きれいなスニーカーで、おしゃれ度も格段にアップした人々が町を闊歩する。スニーカー洗浄グッズの定着とともに、そんな場面に出くわす機会も増えそうだ。

最終更新:5/21(日) 14:00
MONEYzine