ここから本文です

グレタ・ガーウィグ、パンキッシュな役作りのモデルはデヴィッド・ボウイ?

5/21(日) 11:00配信

cinemacafe.net

前作『人生はビギナーズ』(’10)で、75歳でゲイであることをカミングアウトした自らの父親と自分自身の関係を描いたマイク・ミルズ監督。6年ぶりの新作『20センチュリー・ウーマン』は、自身が生まれ育った故郷カリフォルニア・サンタバーバラを舞台に、今度は自らの母親をモデルに“母と息子”の物語を完成させた。本作で、赤髪のパンキッシュな写真家アビーを演じるグレタ・ガーウィグに注目した。

【画像】『20センチュリー・ウーマン』グレタ・ガーウィグ

お互いを必要としているのに、うまく表現できない、愛情深いシングルマザーと反抗期の15歳の息子。そんな母と息子の関係と、彼らを助ける2人の個性的な女性たちとの特別な夏を、パンク・ロックなどの当時のカルチャーと共にユーモアを交えて爽やかに描き出す本作。

『フランシス・ハ』で注目され、今年『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』など出演作が続くグレタが演じるのは、アネット・ベニング演じるシングルマザー、ドロシアの家でルームシェアをする20代の写真家アビー。『地球に落ちてきた男』でデヴィッド・ボウイが演じた宇宙人トーマス・ジェローム・ニュートンに影響されたという真っ赤なショート・カットとロックなファッションが印象的なキャラクターで、ミルズ監督の実姉がモデルとなっているという。

15歳の少年ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)に、初めてのロックやフェミニズム、恋の教訓を教えるカッコイイ姉貴である一方、子宮頸がんと診断され、ニューヨークから戻ってきた挫折感を抱えている複雑な女性だ。

自身もアートや音楽が好きでニューヨークに上京し、演劇界に飛び込んだグレタは、「カリフォルニア出身者がニューヨークのアートシーンに加わりたいと思う気持ちはよく分かるの。私がそうだったから。でも、アビーは、彼女の持つスピリット、闇、エッジィさが収まる場所がカリフォルニアにはないと感じて脱出したのに、病気で挫折し、戻らなければならなくなった。それはとてもつらいことだったと思う」と深い共感を語り、撮影では演じながら泣いてしまったこともあったという。

ミルズ監督とグレタは、アビーというキャラクターに影響を与えたであろう人物についても話し合った。たとえば、セクシーで中性的な魅力を持つ「トーキング・ヘッズ」のベーシスト、ティナ・ウェイマス、「ブロンディ」のシンガーでロック界のピンナップガール、デボラ・ハリー。また、写真家シンディ・シャーマン、フェミニストの芸術家バーバラ・クルーガー、パンク詩人で歌手のパティ・スミスもグレタが自主的に参考にした。

「パンク・ガールがとてもセクシーだったのは、『私はホットよ。でも、あんたのためじゃない』という言葉」とグレタは言う。「彼女たちの魅力は、デンジャラスな部分にあったと思う」。さらに、グレタは年代物のカメラを何か月も持ち歩き、1978年以降に録音されたいかなる音楽も聴かないというルールを自分に課し、1977年に登場した女性パンクのための初めてのヘアカラー“マニックパニック”で髪も染めるなど、徹底したこだわりを見せた。

劇中では、「LOU REED」(ルー・リード)「DEVO」(ディーヴォ)とロゴが入ったハンドメイド風のロックTシャツや、赤や黄色の原色のシャツとパンツ、カラータイツをあわせ、アクセサリーは着けないマニッシュでパンクなスタイルでアビーというキャラクターを見事に表現したグレタ。パンク・ロックにあわせて激しく踊る彼女の姿も、鮮烈な印象を与えている。

『20センチュリー・ウーマン』は6月3日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国にて公開。

最終更新:5/21(日) 11:00
cinemacafe.net