ここから本文です

ドット絵で描き込まれた勇気と友情の物語。『Owlboy』PC版の日本語対応アップデートは5月24日配信予定。Switch版も進行中【A 5th of BitSummit】

5/21(日) 11:07配信

ファミ通.com

文:編集部 ミル☆吉村

●優しさとコミカルさが同居する冒険を日本語で楽しめる
 D-Pad Studiosの『Owlboy』で、現在Steam等で配信中のPC版に、5月24日より日本語対応を追加するアップデートが配信されることが発表された。

 これは現在京都で開催中のインディーゲームイベントBit Summitで行われたステージで、スタジオの共同創設者であるJo-Remi Madsen氏により発表されたもの。なお本作はSwitch版も開発中で、PC版同様に日本展開を目指しているとのこと。

 『Owlboy』は、フクロウ族の落ちこぼれの少年オータスと仲間たちが力を合わせて空の海賊軍団と戦う、ドット絵スタイルの2Dプラットフォームアクションゲーム。(他作品の開発なども挟みつつ)約9年間という開発期間を経て、昨年PC英語版が発売された。

 当時掲載した紹介記事でも触れているように、特徴は90年代(特にスーパーファミコン時代)のゲームを思い起こす、しかしHDサイズいっぱいにドット絵で描き込まれた美麗なアート面と、「落ちこぼれの少年が仲間とともに困難に立ち向かう」ストーリー、そしてそれを反映した、オータスの飛行能力と銃などを撃てる仲間の能力を組み合わせて戦うというゲームプレイ。いずれも目新しさこそ足りなくとも、非常に丁寧に作り込まれているので、何気ないワンシーンにホロリとされることもしばしば。

 日本語ローカライズは、海外インディーゲームのローカライズとパブリッシング支援を行う架け橋ゲームズが担当しており、セリフはもちろん、演出系の飾り文字なども含めてローカライズが施されている。
 本誌では今回の公開に合わせて、D-Pad Studiosと架け橋ゲームズの好意により日本語版を先行してプレイしたが、まるで本作が最初から日本語で作られたゲームだったかのように、シーンによって時に優しく、時にシリアスに、そしてコミカルにも展開されるやり取りが、非常に自然に日本語化されていると感じた。なおPC日本語版はBit Summit会場にプレイアブル出展されており、来場者は試遊可能だ。

最終更新:5/21(日) 11:07
ファミ通.com