ここから本文です

【インディ500予選1】アロンソと佐藤琢磨の予選走行順・・・5時間後ようやく予選スタート

5/21(日) 5:39配信

TopNews

日本時間21日(日)午前5時、中断から5時間経過してようやく予選が始まった。

『第101回インディアナポリス500(インディ500)』の予選1日目は、雷雨により開始直前に遅延となった。

●【動画・画像】初のインディ500予選の準備に入るアロンソ

そして予選開始予定時刻から約3時間が経とうとしている日本時間午前3時前、ようやく雨も上がったインディアナポリス・モーター・スピードウェイは、予選を開始すべくトラックの乾燥を始め、コース上を乾燥し終えたら予選を開始すると発表した。

また、予選終了時刻は当初予定していた午前7時(日本時間)を過ぎた場合でも延長し、各エントラントは1回の予選アテンプト(アタック)ができるとしている。

■予選1日目の走行順

予選1日目の走行順は、金曜日の夜に無作為抽選(くじ引き)で決定された。

最初に走行するのは女性ドライバーのピッパ・マン(No.33 Susan G. Komen/ホンダ)、次にファン・パブロ・モントーヤ(No.22 ペンスキー/シボレー)が順に走行し、最後の33番目のドライバーはギャビー・チャベス(No. 88 Harding Racing/シボレー)となる。

フェルナンド・アロンソ(No.29 マクラーレン・ホンダ・アンドレッティ)は16番目、佐藤琢磨(No.26 アンドレッティ・オートスポーツ)は23番目に走行する。

■予選1日目の走行順表

以下の表が、くじ引きで決まった予選1日目の走行順だ。数字の後ろに「T」がついているのは、「Tカー(スペアカー)」で走行する場合を指している。1人につきメインカーとTカーでの走行が可能だったが、雨の影響により走行時間が足りないため、1人1アテンプト(アタック)のみと変更された。

ほとんどのドライバーはセットアップの決まっているメインカーを使用するため、下記表の数字のみの順番で走ることになる。

アロンソ(No.29)は33番目に記載されており、佐藤琢磨(No.26)は45番目となっているが、「Tカー」を除くとアロンソは16番目、佐藤琢磨は23番目となる。

最終更新:5/21(日) 6:27
TopNews

Yahoo!ニュースからのお知らせ