ここから本文です

【ボクシング】村田諒太 判定に不満見せず「納得せざるを得ない」

5/21(日) 11:30配信

東スポWeb

 WBА世界ミドル級王座決定戦(20日、東京・有明コロシアム)でアッサン・エンダム(33=フランス)に1―2の判定で敗れた村田諒太(31=帝拳)は、微妙な判定について「結果は結果。僕がどうこう言えることではない。僕が勝つことを見せられなかったのは申し訳ない。それだけです」と語った。

 試合中には「ダウンを取って、ジャブを打って、ガード越しだけど、手応えはあった」といい「効いたパンチは1回もなかった。パンチ力はあったけど」と戦略に間違いはなかったという。ただ「(相手の)ジャブを取って、ダメージングブローを取らないなら(判定に)納得せざるを得ない」と判定への不満は見せなかった。

 今回、自身初の12ラウンドを戦ったことには「楽しかった。自分がここでやっているんだと楽しめた」と笑みも浮かべた。しかし、今後については「これだけ多くの人に支えられてもらってやってきて、12ラウンドやって勝てなくて、はい、もう1回僕やりますよ、とそんな無責任なことはなかなか言えない。少し気持ちの整理をつける時間が必要です」。

 エンダムとの再戦についても「自分なりに必死にやってきて、簡単にもう1回とは言えない」と話した。

最終更新:5/21(日) 14:42
東スポWeb