ここから本文です

(文化の扉)奥深い、切手収集 印刷の差や消印の種類、楽しむ

5/21(日) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 1950年代から何度かブームが訪れた切手収集。社会現象となった往時の勢いはないが、今も根強い人気がある。かつてとは違う新たな楽しみ方を見いだす人も登場しているようだ。人々を引きつける切手の魅力とは何なのか。

 4月下旬、都内であった切手イベント「スタンプショウ2017」には3日間で約7500人が訪れた。即売ブースでは掘り出し物を探す男性収集家が目立ったが、各国の「かわいい切手」を1枚30円で買えるコーナーは女性に大人気だった。
 主催したのは日本郵趣協会。46年に設立され、収集家同士の情報交換や交流を進めてきた。……本文:3,777文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社