ここから本文です

サンパオリ監督最終戦、セビージャが5発圧勝 ビトロ「多くの人ががっかりしているかもしれないけど…」/リーガ

5/21(日) 14:33配信

ISM

 リーガ・エスパニョーラは現地時間20日(以下現地時間)に最終節の4試合が行なわれ、4位セビージャはすでに降格の確定している19位オサスナに5対0で圧勝。アルゼンチン代表監督就任が秒読みとなっているサンパオリ監督は最終戦を良い形で締めくくった。

 セビージャはビトロのゴールで開始10分に先制すると、バスケス、ヨヴェティッチもこれに続き、前半のうちに3点をリード。後半に入っても相手にネットを揺らさせず、バスケスとビトロが加点し、圧勝した。

 最終節を迎える前に4位でのフィニッシュが決まっていたセビージャ。一時はタイトル争いに絡んでいただけに、ビトロは「多くの人ががっかりしているかもしれないけど、僕らの目標はずっと、3位か4位になることだった。目標は達成したし、ファンは喜んでいいと思う」とコメント。チャンピオンズリーグ出場権獲得が叶ったことを強調した。

 なお、以前から次期アルゼンチン代表監督就任の噂が流れていたサンパオリ監督は19日、AFA(アルゼンチンサッカー協会)がセビージャと面談する予定であることを公表。AFAは同監督を代表指揮官に迎えるために契約解除を求めて交渉に臨む意向であり、自身も招聘を受ける準備があることを明かしていた。

 そのほか、すでに2部降格の確定している18位スポルティング・ヒホンは、15位ベティスと2対2のドロー。17位デポルティーボは14位ラス・パルマスに3対0で完勝し、16位レガネスは9位アラベスと1対1のドローで試合を終了した。(STATS-AP)

最終更新:5/21(日) 14:33
ISM