ここから本文です

【ボクシング】具志堅用高氏 村田に同情しつつ「終盤もう1回仕掛ければ」

5/21(日) 14:40配信

東スポWeb

 元WBA世界ライトフライ級王者で白井・具志堅ジムの具志堅用高会長(61)が21日、村田諒太(31=帝拳)がアッサン・エンダム(33=フランス)に敗れた前日(20日)のWBA世界ミドル級王座決定戦の判定に言及した。

 都内で行われた、WBC世界フライ級王座を獲得した比嘉大吾(21)の一夜明け会見に出席した具志堅会長は、開口一番「(同席者として)いるべき人がいない」と、世界王座奪取を逃した村田の不在を嘆いた。

 多くのボクシング関係者が疑義を唱えている判定については「どのようにして戦えば勝てるのか、分からないね。8ラウンド以降(ポイントを)取られてるんだよね。どういうジャッジをしたのか。ワンサイドじゃないかと思っていた。相当取っていると思ったけど、逆だもんね」と複雑な表情。その一方で「終盤、もう1回仕掛ければ良かったのにな、とは思うけどね」とも語った。

最終更新:5/21(日) 14:40
東スポWeb