ここから本文です

ジェシカ・チャステインがバーグマン演じる、キャパとのロマンス描く主演作

5/21(日) 12:42配信

映画ナタリー

ジェシカ・チャステインが「Seducing Ingrid Bergman(原題)」でイングリッド・バーグマンを演じることをIndiewireなどが報じた。

クリス・グリーンハルジュの著書をもとにした本作は、バーグマンと戦場カメラマンのロバート・キャパとのロマンスをつづった作品。既婚者でありながらロベルト・ロッセリーニと不倫関係を結ぶなど恋多き女性であったバーグマンの姿を描く。脚本を「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」のアラッシュ・アメルが手がける。

なおチャステインは、現在フランスで開催中の第70回カンヌ国際映画祭にて、コンペティション部門の審査員を務めている。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

最終更新:5/21(日) 12:42
映画ナタリー