ここから本文です

【NHK杯】内村航平が9連覇&個人総合40連勝

5/21(日) 16:31配信

東スポWeb

 体操のNHK杯最終日(21日、東京体育館)、男子個人総合で内村航平(28=リンガーハット)が4月の全日本選手権の得点との合計172・900点で優勝。大会9連覇を果たした。

 2位には172・550点をマークした白井健三(21=日体大)が入り、内村とともに世界選手権(10月、カナダ)代表に決定した。

 5種目目の平行棒終了時点で、白井に0・5点差で2位だった内村。会場中がかたずをのんで見守った最終種目の鉄棒で14・800点を出し、逆転勝ちした。内村は個人総合40連勝も達成。キングの底力を見せた。

最終更新:5/21(日) 16:31
東スポWeb