ここから本文です

YANAGIMAN アイドル候補生にメッセージ「運をつかむには懸命な努力を」

5/21(日) 16:38配信

東スポWeb

「ドリームアイドル1期生オーディション」2次審査が21日、都内で開催され、同日開催の大阪会場と合わせ、6000人の応募から書類選考を通過した300人が参加。東京は9歳から26歳の200人が、1人30秒の時間制限付き自己PRや審査員の質疑応答に臨んだ。

 ドリームアイドルとは、ケツメイシなど数多くのアーティストを手がけた音楽プロデューサー・YANAGIMAN(56)がプロデュースを担当し、楽曲も提供するもの。今夏から秋を予定しているデビュー時には、赤坂BLITZワンマンライブと地上波テレビ番組のレギュラーも確定している。

 また、合格者の中から人気ファッション誌「Ray」「JELLY」でのモデル掲載、映画「海にのせたガズの夢」で女優デビューなども決定しているという。

 審査委員長を務めたYANAGIMANは「ここにいる方がどんなにブレークするか想像できない。大事なことは運ですが、運をつかむには懸命に努力すること」と夢を追う参加者に熱いメッセージを送った。

 合格者は3次面接に進み、強化合宿を経てグランプリなどを決定する。

最終更新:5/21(日) 18:19
東スポWeb