ここから本文です

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

5/21(日) 20:03配信

ねとらぼ

 こんにちは、やしろあずきです!

 最近リクルートスーツ姿で街中を歩く就活生をよく見掛けます。

【画像】定時で帰る方法をイラストにしてみた

 就活のシーズンなのでしょうか。それとも特に着る用事がないのにスーツを着て大学に通っている意識が高い大二病の方々なのでしょうか。自分が就活をしていたのがもう5年ぐらい前なので、いつが就活シーズンだとかもう覚えてないのですよね。

 覚えているのは最終面接後にサイレントお祈りかましてしてきやがった会社の名前ぐらいです。たぶん生涯忘れることはありません。

 そんな就活生についてなのですが、つい先日テレビを見ていましたら興味深い話題が流れていまして。

 5月17日に放送された「おはよう日本」の番組内で、応募先の企業がブラック企業じゃないかを確かめようとする就活生の姿が映し出されていたのですが……その方法が、

「双眼鏡を使って遠方から応募先企業のフロアに電気がついていないかをチェックする」

だったんですよね。まさに偵察兵。

 で、僕の漫画とかTwitterを見てくれている人は察してくれたと思うのですが、実はこの方法学生時代に僕がめちゃくちゃやっていた方法なんですよね。

 実際にあの方法を使って就活をしていたとき、まわりからは産業スパイにしか見えないとか偵察兵さん、スポットボーナス入りますか? とか散々言われてきたので、このニュースを見たときの時代が俺に追いついたか感がすごかったです。それと同時に、やっぱり皆残業はしたくないんだよなぁ、とも感じました。

 毎年おなじみの「ブラック企業大賞」や、5月10日には厚生労働省が「ブラック企業リスト」を公式に公開したりと、日本でも働き方改革は着実に進んできているものの、残念ながらまだまだ日本の社会には残業との戦いがはびこっているのも事実です。

 自分の仕事をしっかり時間内に終わらせれば残業しないでいいじゃん! とお考えの皆様。甘いです。

 自分の仕事が終わったら暇人と見なされ、別の仕事が降ってくることが多いのも現状です。そう、早く仕事を終わらせたら損することが多いんですよね。なんだよそれ。これじゃあ集中せずにだらだら働く人も増えるってもんですよ。

 せっかく入りたい会社に入ったのに残業地獄だった。残業のせいで自分の時間が全く取れない……本当に嫌ですよね。

 それにいくら会社に守ってもらっている会社員であっても、1人の人間です。どうしても外せない用事、絶対に定時で帰らなければならない日というのは存在します。ただそこに厳しいのが我らの日本社会。皆も残業するんだからとか会社のためなんだからとかいう謎の同調圧力で定時退社を阻まれた社会人の先輩方も無数にいるはずです。

 僕はゲーム会社にしか勤めたことがなく定時退社と残業の線引きがあまりなかったのですが、それでも一応「定時」はあったので、そういった経験はありました。

 しかし僕は残業を命じられたら黙って残業する残業マシーンにはなりたくなかったので、残業をしないで済む方法をたくさん考え、実践し、ある程度結果を残してきたのです。

 というわけで今回は、なんだかんだ数年間社会人をやっていたやしろあずきが考案・会得した「どうしても定時で帰りたいときに定時で帰るための方法」を合法的なものだけでなく非合法なものもあわせていくつか紹介していきたいと思います!

 これから社会に羽ばたいていく皆さまのお役に少しでも立てれば幸いです。

 それではいってみましょう!


●定時に帰る方法、合法編

・「徹底周知、念押し」

 繁忙期などの場合「今日は定時で帰る!」と定時間際に突然言われても上司や同僚は困ってしまいます。

 いや、定時で帰ることに困られること自体アレなんですけど。そこはもう置いておいて……1人でも多くの人に「今日アイツは定時で帰る(つもり)」ということを認識させておくだけでだいぶ結果が変わってくると思います。

 もしかするとあなたが定時で帰りやすいように仕事を手伝ってくれる同僚だっているかもしれません。聖人ですね。

 なので、定時で帰りたい日はその日の朝、遅くても昼までに自分が関わるセクション全体に対し「今日は用事のため定時で帰りたい」ことを共有しておくと良いと思います。

 特に上司にはもう言葉を交わすたびに定時退社という言葉を織り交ぜ、サブリミナル効果を引き起こさせるぐらいには執拗(しつよう)に定時で帰るということを念押ししておくと良いかもしれません。

・「事前予約」

 先に発表した「徹底周知、念押し」は定時退社予定日の当日もしくは前日に使う技ですが、『事前予約』はそれこそ一週間、一カ月前ぐらいに「この日は絶対に定時で帰る」と上司や関係各所に伝えておく技です。

 さすがに数週間~数カ月前から定時退社を予約していれば、当日上司に「それは困る!」なんてことを言われても反論できる材料は多いですし、上司がその日きちんと定時退社できるように仕事の配分を考えてくれるなんてこともあるかもしれません。

 またこの技で重要なのは口頭での予約は絶対にNGという点です。

 会社で使っているメッセンジャーのログやメール……なんでも良いので「私は~日前からこの日に定時退社することを決めていましたよ」という証拠を残しておくと定時退社日当日に上司に「え? 今日定時なんて言ってた? 覚えてない」なんて頭のネジがすっ飛んだようなことを言われてもなんとかなります。そんな上司がいるのかって? 全然います。

・「鉄の意志」

 新入社員とて、時には強い意志を持つことも重要です。

 定時退社を絶対に阻止できる権限など契約で定められていない限りありません。帰りたければ帰ってもいいんです。

 「絶対に定時で帰る」という強い意志と周りの反応を気にしない鋼のメンタルを持てば、どんなに現場が炎上していたって帰ることは不可能ではありません。合法です。

 ただ、僕もこれを試してみて分かったのですが、忙しい中1人定時退社しようとしたときのまわりの空気というのは想像以上に重く、無事に帰れたとしても次の日から同僚が突然白々しくなるなど、定時退社と引き換えに少し信頼も失うことになる技なので、できる限り前に紹介した「徹底周知」や「事前予約」を使うことをオススメします。

 定時退社をして信頼を失うような世界には一刻も早く滅びてほしいですね。

 以上のような理由から、どうしても鉄の意志を発動せざるを得ない状態になった場合は、「定時で帰れなかったらお前の家族全員に呪いをかけてやる」ぐらいの意志の強さで望むべきだと思います。

●定時に帰る方法、非合法編

※注意!ここから紹介する方法は「ネタ」です。僕が本当にやったかやってないかはまあ置いておくとして、実際にやって社会的な死を迎えたとしても僕は責任を取りません。

 あくまで「ネタ」として楽しんでいただければと思います。僕が本当にやっていたかどうかは置いておくけど。

・「横文字攻撃」

 パソコンのこととかよく分かってない年代の上司に「ちょっとアジャイルな案件でコミットメントグローバリズムコンセンサスなんでフィックスで帰宅します!!」とか言ったら上司によく分かんないけど分かってないと思われたくない精神が発動して帰らせてくれるんじゃないの? って考えです。たぶん現実はそこまで甘くない

・「偽装飲み会」

 「友人とご飯を食べに行くから退社します」が許されなくても「別チームの同僚と親睦を深めるために飲みにいくので退社します」が許される率の高さには目を見張るものがあります。

 この技の発動条件としてあらかじめ自分と同じように定時退社に対して高い意識を持っている仲間をつくる必要があります。3~4人いたらやりやすいでしょう。また、全員別プロジェクトだったりするとチームの垣根を越えた親睦会ということで話が通りやすいのでそのあたりも考えておくと成功確率があがります。垣根を越えるって意識高い上司とかが大好きそうな単語ですね。

 さて、仲間ができたらお互いに定時退社したい日付を決め「この日は親睦会です! 別チームの人同士で語り合ってお互いのチームの良いところを吸収し開発力を相互で高め合い~」やらなんやら、適当なことを言って当日、定時退社すればいいだけです。

 もちろん、みんな仲良く会社を出た後は飲み屋なんかに向かうことなく各自家に直行します。欠点は月に1~2回ぐらいしか使えないことでしょうか。

・「ちょっとコンビニ行ってくる退社」

 方法は上の漫画で描いてある通りなんですが、簡単にまとめると、

1 替えの服とメインのカバン、ダミーのカバンを用意
2 出社前に駅のロッカーにメインのカバン、替えの服を格納
3 出社後、定時近くになったら机にダミーのカバンを放置し、椅子に服をかけタスクスケジューラー(Windows標準搭載)で数時間後にPCが落ちるよう設定
4 定時になったら席を立ちます。机の上にはカバン、椅子には服、つけっぱなしのPC……どう見ても「定時になったからちょっとコンビニに行ってくる人」にしか見えません
5 会社を出たら家に帰ります

以上です。欠点は次の日出社するのがめちゃくちゃ億劫(おっくう)なことです。

・「飲酒退社」

 仕事中に席を外し、トイレに隠れてお酒を飲むことで顔を真っ赤にして「熱があるので帰ります」という定時退社史上最低最悪ですが98%帰れる究極技です。酒臭さは消臭スプレーで隠しましょう。

 酒を飲んだらすぐ顔が赤くなる人しか使えない技なのですが、使ったら人として終わりだと思うので使わないでください。さすがに仕事中に酒は飲むな。

 以上、定時で帰るための小技をいくつか紹介しました。いかがでしたでしょうか。

 労働環境がだんだんと改善されていってる(ように感じる)世の中、こんな方法をいちいち考えなくても定時になったら普通に帰れる会社が1つでも増えてくれることを祈ります。

最終更新:5/21(日) 20:03
ねとらぼ