ここから本文です

【ボクシング】井上尚弥が圧巻のKO勝利でV5 いよいよ米国進出へ

5/21(日) 20:59配信

東スポWeb

 WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ(21日、有明コロシアム)は、王者・井上尚弥(24=大橋)が挑戦者の同級2位リカルド・ロドリゲス(27=米国)を3回1分8秒KOで5度目の防衛に成功した。

 序盤から圧倒的なスピードでコンビネーションを繰り出し試合を支配した井上は、2回にはサウスポースタイルにスイッチし左ストレートをヒットさせるなど多彩な攻撃を披露。完全に主導権を握る。

 すると3回開始早々に強烈な左フックでダウンを奪う。ここから一気に畳み掛けると、再び左を炸裂させてなぎ倒す。キャンバスに沈んだ挑戦者は立ち上がることができず、井上が圧巻のKO勝利を収めた。

 これで戦績は13戦全勝11KO。試合後のリング上では「井上の弱点は接近戦と言われていたので、接近戦でもやってやるぞと思ってやりました。練習していたスイッチを出すことができた。もっと精度を上げていきたいですね」と勝ち誇った。

 向かうところ敵なしのモンスターには9月に米国進出が浮上しており、その試金石となる一戦だった。文句のつけようのない内容でこれをクリアした井上は「次に向けていい倒し方ができたと思います。アメリカに向けても、9月にほぼ決まっていると聞いているので、それに向けて頑張ります」と目を輝かせた。

「もっと階級を上げて強豪と戦っていきたいという思いもある。バンタム、スーパーバンタムと視野を広げてやっていきたい」とも豪語した最強王者の今後から目が離せない。

最終更新:5/21(日) 21:20
東スポWeb