ここから本文です

【カンムリワシの目】具志堅会長の悲願達成「ようやく子供ができたな」

5/21(日) 9:01配信

デイリースポーツ

 「ボクシング・WBC世界フライ級タイトルマッチ」(20日、有明コロシアム)

 WBC世界フライ級1位の比嘉大吾(21)=白井・具志堅スポーツ=は、体重超過で王座をはく奪されたファン・エルナンデス(メキシコ)に6回2分58秒でTKO勝ちし、13戦連続KOで新王者となった。ジム初の世界王者誕生となった具志堅用高会長(61)は、デイリースポーツに手記を寄せた。

【写真】具志堅会長 前日計量では激怒していた!

  ◇  ◇

 【カンムリワシの目】

 ようやくカンムリワシの子供ができたな。素晴らしいこと。ジムを開いて22年、世界チャンピオンをつくるためにいろいろ頑張ってきたから。これから僕の立場、発言が変わってくる。テレビの番組も半分は減っちゃうでしょう。忙しくなるもん。望むところですよ。

 大吾はパンチが硬い。めったにいない。要するに拳がすごい。でかいんだ。普通のフライ級の選手に比べたら一回り大きいはず。最初に会ったとき、拳を見てびっくりした。

 世界挑戦は5年目くらいにと思っていたけど、暑いタイの屋外でユースのタイトルを取った試合を見て変わった。スタミナがあるよ、彼は。ボクサーは体力、技術、パンチ力の三つ持っていれば最高。彼にはハートもあるんだ。性格は僕と似ているところがあるね。勝たなくちゃいけない、という気持ちとか。

 沖縄出身の世界チャンピオンはみんな攻撃型。守りは得意じゃない。前に出るのは血だね、沖縄魂。勇気がないとできない。大吾を見ていると、僕たちの時代の記憶がよみがえるね。浜田、平仲とダブるよ。僕自身も含めてね。

 (WBA世界フライ級王者の)井岡君に挑戦したいね、統一戦、発表したいなと思う。=デイリースポーツ評論家。元WBA世界ライトフライ級王者、白井・具志堅スポーツ会長=