ここから本文です

村田 エンダムとツーショット写真アップ…“疑惑の判定”から一夜明け

5/21(日) 14:10配信

デイリースポーツ

 20日に有明コロシアムで開催されたボクシングのWBA世界ミドル級王座決定戦で判定負けしたロンドン五輪男子ミドル級金メダリストで同級2位の村田諒太(31)=帝拳=が、一夜明けた21日、新王者となったアッサン・エンダム(33)=フランス=とのツーショット写真を自身のフェイスブックにアップした。

 村田、エンダムとも笑顔でポーズを作った写真をアップ。「エンダムと話してました。大切なことは、2人がベストを尽くしたこと、日本に来てくれて感謝していると伝えました。エンダムとエンダムのスタッフ達にも感謝いたします。ありがとうございました」と記した。

 試合は村田が4回にダウンを奪い、右強打で終始優位に進めたように見えたが、1-2(111-116、112-115、117-110)の判定でプロ初黒星を喫した。WBA会長が自身のツイッターで117-110で村田の勝利と記すなど、多くの関係者が疑問を呈している。村田は試合後も「判定は第三者、プロフェッショナルであるジャッジが決めることで、僕が何か言うことはない」と極めて冷静に受け止めていた。