ここから本文です

中日4連勝、広島を3タテ 吉見が今季初勝利、大島ら中軸打者がけん引

5/21(日) 17:28配信

デイリースポーツ

 「中日7-4広島」(21日、ナゴヤドーム)

 中日が今季初の同一カード3連勝で連勝を4に伸ばした。先発・吉見は5回3安打1失点で今季初勝利(4敗)を挙げた。

 初回、先頭・京田の左線二塁打から、ビシエドの右越え適時二塁打で1点を先制。1-1の三回は2死から大島、ビシエドの連続二塁打で1点を勝ち越し。五回は大島の右犠飛などで2点、4-2の七回は大島の左線適時二塁打で1点を追加。5-4の1点差に迫られた八回にはゲレーロが右越え9号ソロ本塁打を放ち、相手エラーもあって再びリードを広げた。

 大島は、「最初はビシエドに助けてもらい、それから1、2番がたくさんチャンスを作ってくれたので、(ビシエドに)借りを返すことができた。3連勝していた流れの中で全員で勝つことができた」などと喜びを表した。吉見の今季初勝利にも貢献したが、「ちょと代わるの早いんじゃないのと言ったが、そこはおじさんなので許してあげた」とジョークを交えて祝福した。

 広島はカード3連敗。0-1の三回、鈴木の左前適時打で同点。1-4の七回は田中の左中間2号ソロで1点。八回は先頭・丸の三塁打、続く鈴木の四球から安部、西川の遊ゴロで2点を奪い1点差とした。先発・福井は6回6安打4失点で2敗目。