ここから本文です

【ボート】びわこG2優勝戦は大波乱 山本隆幸が制し3連単は7万円台の高配当

5/21(日) 18:25配信

デイリースポーツ

 「秩父宮妃記念杯・G2」(21日、びわこ)

 12Rで優勝戦が行われ、5号艇の山本隆幸(39)=兵庫・85期・A1=が2周1Mで抜け出してG2初制覇。通算では37回目の優勝となった。3連単は7万1230円の大波乱。人気を集めた1号艇の地元・守田俊介は6着に終わった。

 最後に笑ったのは山本だった。進入は3号艇の三井所が3カドに引いて12・3456の2対4。三井所がコンマ04のトップSを決め出て行くも、インの守田が強引に1M先マイ。2Mでは守田と芝田が競り合い、山本は最内を突いて3番手に浮上。2周1Mで先頭争いをしていた三井所と守田が競って外に大きく膨らむと、その内から抜け出した山本が先頭に立ち、そのまま後続を振り切った。

 G1は2006年とこなめ周年を制しているが、G2は初めて。11年ぶりのタイトル奪取に「久々過ぎて何年前か分からないくらい。うれしい。これからも頑張ります」と今後の活躍を誓った。